» 2017 » 10月のブログ記事

フッ素の働きは、むし歯の原因の歯垢を抑制して予防する効果があります。

歯質を強化する働きもあります。
フッ素は食べ物の中にも自然に含まれています。

子どもの虫歯予防の治療で、定期的にフッ素を塗布する方法があります。
大人にも効果的で、フッ素の入った歯磨き粉やうがい薬などもあります。

ただ注意したいのが塩を同じで大量に取ると体に害になることもあります。
食べ物にも含まれているといっても、それだけでは虫歯の予防にはなりません。

フッ素の働きは虫歯予防、歯質を強化することで乳歯など歯が弱いもの対して塗布をすることが効果的です。

一度塗布しても効果はずっと続くわけではないので、定期的に通う必要があるでしょう。

しかし、何よりも大切なのは毎日の歯磨きです。
いくらフッ素を塗布したからといっても、歯磨きを怠ると虫歯になります。

毎日決まった時間に食事をしたり、おやつを食べたりすること、こまめに歯磨きをすることが何より大切です。
外出先で歯を磨けないような時にもうがいをするなど、気をつけると虫歯を予防することができるでしょう。
食べる物にも注意をして歯を丈夫に健康に育てることが大切です。
歯磨き 歯を白くする